リーダー・経営者のためのマインドフルネス1日集中講座

  • 日時 2019年6月1日(土曜)10:00-16:30
  • 会場 大阪産業創造館 6F会議室A
  • 受講料 18,000円
  • 講師 LLCチーム経営 広瀬 義浩
  • 定員 24名(最少催行人数6名)
  • 主催 合同会社チーム経営(LLCチーム経営)

申込・詳細はLLCチーム経営のホームページへ

マインドフルネスは、自分の内側に意識を向け、思考や感情や行動について、解釈や良し悪しの判定をせずにただ観察するための方法であると言われています。
2016年にはNHKで3回以上特集で取り上げられたマインドフルネス、それ以降、多くの書籍や記事が出て多くの人がマインドフルネスという言葉を知るようになりました。もともとは2007年にGoogleの社内研修で取り上げられ、多くの企業に導入されたのが始まりです。起業家や企業のCEOを多く輩出しているアメリカの有名大学やビジネススクールにも科目として取り入れられ、日本でも幾つかの大学で研究が始まったようです。日本の企業でも2.3年前から企業内研修が始まりました。ストレスからの解放、感情のコントロール、集中力をつける、創造力を高める、仕事のパフォーマンスを上げる、共感的なリーダーシップ、など様々な効果が脳科学で証明され、マインドフルネスを実践するリーダーも増えてきました。
私は組織開発やチーム作りを支援するのが仕事です。いろんな手を尽くして、メンバーが自発的になって前向きに仕事ができるようになっても、トップの不用意な一言で一気に場の雰囲気は変わることがよくあります。良くも悪くも、組織(チーム)の雰囲気を握っているのはトップのあり方なのです。自分のあり方あり方に気づけるのがマインドフルネスです。
今回は、マインドフルネスとはどんなことか知っていただき、様々なマインドフルネス瞑想をトレーニングしていただきます。リーダーシップにマインドフルネスがどのように役立つのかを学んでいただきます。企業のリーダー、経営者、周りに影響力を与える職業の方々にとくに受講をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です