マインドフルネスの定義

マインドフルネスの定義はいろいろありますが、端的に言うと、”今この瞬間に生じている経験に、ありのままに気づきながら、注意をとどめていること”ということです。

瞑想することにより、リラックスしたり集中力が高まったりすることもありますが、それが本来の目的ではありません。”今ここの、自分の状態(身体、心)に気づく”力をつけることだと思っています。
それによって、自分の意識を向けているところのコントロールができたり、身体感覚への気づきが深まったり、感情のコントロールができるようになり、価値観の変容が生じたりします。そして、ストレスが低減したり、仕事のパフォーマンスが上がったり、心が平和になり、幸せを感じやすくなるのです。
マインドフルネスなどは、”知っている”と”出来ている”の差が大きく、習慣化するためには集中的にトレーニングする必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です